• 総合案内
  • インプラント
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 歯っぴークラブ
  • 医療理念
  • 治療の流れ
  • スタッフ紹介
  • 治療費用
  • 患者さまの声
トップページ > 予防歯科
  

予防歯科

  

予防歯科とは?

患者さんを治療中している歯科衛生士さん

今まで歯医者は痛くなったら行くものでした。
しかし、むし歯になると歯の一部を失います。
歯周病で溶けた骨は元には戻りません。
歯を失わないためには、やはり、予防していくことが重要です。歯科医院として予防
のお手伝いをすること、それが予防歯科です。

具体的に篠崎歯科(松山)がお手伝いさせていただくことは、
歯ブラシ指導とメンテナンスになります。

このページの先頭へ


お子様のための予防歯科

歯っぴークラブ

「歯っぴークラブ」は、むし歯のない子供たちが、今の健康な歯を守り育てるため、
自分たちから進んで定期的に来院する会です。
入会金は無料です。

詳細はこちら


このページの先頭へ


歯ブラシ指導

毎日の磨き方次第で歯の状態に違いが出ます。

位相差顕微鏡の写真

むし歯の治療をした人は、ほとんどの人がこう思います。
「今日から歯ブラシ頑張ろう!」
でもちょっと待ってください。
今までと同じ磨き方で時間だけ長くしても、歯ブラシの充分な効果は得られません。
それどころか、1週間もすれば元の磨き方に戻っている人がほとんどです。

予防効果を上げるには、歯科衛生士による歯ブラシ指導を受け、
あなたのお口にあった磨き方を身につけるのが最も近道です。

位相差顕微鏡で見た細菌

自己流で磨いた3分と、歯ブラシ指導後の3分では予防効果が違います。
毎日の積み重ねですから、10年たてば恐ろしいほどの違いが出てきます。

また、むし歯や歯周病の原因を、実際に位相差顕微鏡を使って見ていただき、
それらの病気についてよく理解していただきます。


このページの先頭へ


メンテナンス

口腔ケアの方法による年齢別の残存菌数

80歳で20本の歯があると、とても幸せな生活を送ること
ができます。
今の日本では、80歳で残っている歯は5本ぐらいです。
北欧の国(フィンランド、スウェーデン)では、80歳で平均
20本以上の歯が残っています。
どうしてこんなに差が出てしまったのでしょうか?

その答えは・・・
「虫歯になってから歯医者に行った」
「虫歯にならないように歯医者に行った」
かの違いです。

同じ歯医者に通うなら、皆さんどちらがいいですか?

メンテナンスでは、今のお口の中の状態を維持していくために、
3か月に1度来院して頂き、検診とクリーニングをやっていきます。

フィンランドでは、メンテナンス受診率は大人で80パーセント子供で100パーセント、
アメリカでも70パーセントと、高い受診率です。
それに対し日本は、驚くことに、たった5パーセントのメンテナンス受診率です。
これでは、虫歯や歯周病が悪化するのは当然と言えます。

また、歯周病はお口の中の問題だけではありません。
歯周病原因菌は心臓血管疾患(狭心症や心筋梗塞),脳血管疾患、菌血症、低体重児
出産、糖尿病を引き起こす原因の一つであることが解っています。

メンテナンスで歯周病を止めることは、全身疾患の予防にもつながります。

このページの先頭へ

このページの先頭へ